英語教室ランキング

第1位 伸芽'Sクラブ|英才教育型託児所

  • 自分で考える創造力を養いながら教育を行う

  • 実際に身体を使って体験を通して楽しく学習

  • 集団で学習をすることで社会性や協調性も身につく

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

伸芽'Sクラブ|英才教育型託児所に対するみんなの口コミ

両親とも共働きの為、英才教育などは夢のまた夢のような感覚でした。ママ友にこちらの託児所を紹介して頂き、すぐにこちらにお願...
英才教育の教室と聞くとスパルタなイメージが強かったです。親戚の方伸芽'Sクラブの存在を教えて頂き、カリキュラムや実際に通...
前までは内気な性格な子でしたが、こちらに通い始めてからはお友達と遊んだり学習する時間が増えたおかげか、以前よりも明るく話...

名門小学校・幼稚園への確かな合格実績

伸芽’Sクラブでは名門小学校や幼稚園で通用するノウハウが詰まった英才教育を心掛けています。名門校への合格実績も着実に広がっています。

第2位 日本英才教育

  • 幼児の目指すレベルに合わせて選べるクラス制

  • 目標の学校に向けた学校別入試対策クラスも開設

  • 年長児を対象とした模擬テストや講習会も随時実施

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

日本英才教育に対するみんなの口コミ

学童保育には今でも行かせていたんですが、近所にある学童保育でした。夫にこちらを勧められ今まで通っていたところからこちらに...
祖父の強い希望で名門小学校への受験を考えていましたが、英才教育と聞くとどうしても金額的にも子供にもストレスを与えてしまう...
ママ友にこちらの託児所をおすすめされ、一度子供と一緒に訪れました。英才教室といっても、教室自体の雰囲気も和気藹々としてい...

子供に秘められた無限の可能性の開花

日本英才教育では子供が潜在的に持っている無限の可能性を開花させるためのお手伝いとして教育・指導を行っていきます。

第3位 七田チャイルドアカデミー

  • 親子で楽しめる体験レッスンを全国の教室で実施中

  • 年齢に合わせたオリジナル教材を使用して学習

  • 親子ともに信頼のおけるクオリティーの高い講師陣

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

七田チャイルドアカデミーに対するみんなの口コミ

英才教育の教室で検索しているとこちらのサイトに出会いました。イード・アワードNo.1とあったので、少し気になり無料体験レ...
いとこ家族と一緒に無料体験レッスンを受けてきました。英才教育はもっとピリピリした雰囲気だと思っていたのですが、先生方も気...
子供にはピアノを習わせていて、一緒に通うのは難しいなと思っていたのですが他に習い事をさせている方もたくさんいて、心配が吹...

学習面でも潜在的才能でも能力を開花させる

学習面ではもちろんですが、七田チャイルドアカデミーではスポーツ面や芸能面でも活躍できる才能の部分も開花させていきます。

第4位 東京英才学院

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

IQが1年で20アップする実績

5000人以上の子供を知能教育してきた結果、平均として1年間にIQが20アップしている実績を残しています。

第5位 ギルフォード

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

環境を整えて子供の成長を伸ばす

子供にとって学習と遊びは繋がっています。子供自身が興味を持ち、遊びながらたくさんのことを学んでいけるような環境をギルフォードは提供していきます。

英才教育の必要性

子供に本を読む女性英才教育は本当に必要なのか。これについては、長年にわたり議論されてきました。子どもは英才教育を授けるよりも、のびのび育てたほうがよいという意見があります。幼児の頃から何らかの英才教育に触れることは、子どもの脳の発育に悪影響を及ぼすという意見すらあります。一方で託児を兼ねているような英才教育の教室があり、そういったところでは0歳からでも通えるようになっています。英才教育でおすすめの教室があると聞けば、熱心に見学へ訪れる親が後をたたないのも事実です。
ただ、最近では、ただ先取り学習をどんどん進めるような詰込み型の英才教育は支持を得られなくなってきました。幼児の想像力を高めることが脳の発達に最も良いという観点から、絵画や積み木遊び、砂遊びなどで「自分で何かを作る」ことをメインとする英才教育が増えています。ただ遊んでいるだけのように見えて、子どもの脳が最大限に発達するような仕組みを備えているのが特徴です。
お受験のためだけの早期教育ではなく、子どもの可能性を広げるための英才教育であるとすれば、「のびのび育てたほうがよい」と意見する人も否定はできないでしょう。脳発達を阻害するのではなく、促すことを目的とした英才教育であれば、その必要性を認める人は多いのではないでしょうか。幼児期の経験が、その後の発育を決めるといわれています。パパママは、「英才教育は厳しいもの」「子どもがのびのび育たないもの」という先入観をいったん捨てて、さまざまな英才教育の教室を覗いてみることが大事です。

英才教育をするために最初にすること

遊ぶ子供英才教育を受けさせたいと思ったら、最初にするべきことがあります。それは、我が子の発達状態を見極めることです。英才教育でオススメとされている教室には、「0歳児から通える」「託児機能がある」「お母さんと一緒に通える」とうたっているところが多くあります。すると、「どんな状態からでも、通わせて大丈夫」と思ってしまうかもしれません。しかし、発育状態によっては、全く身にならない可能性があるのです。
0歳児から通える教室の多くは、マンツーマンではなくグループ制です。すると、たくさんの赤ちゃんと触れ合うことになります。家族ではない人たちと触れ合ったことのない子が、急にその場へ放り込まれたら、混乱してしまって教育どころではありません。0歳児から英才教育の教室に通わせたいと思ったら、公園デビューを果たす、親族の集まる場へ連れていくなど、意識的に我が子を連れて外出するようにしましょう。こうして他の人に慣れさせておくことで、多少なりとも混乱は収まります。
また、とくに音楽関係の習い事をさせたいと思ったら、教室に通わせる前に、我が子の集中力をチェックしておきましょう。好きなアニメ番組をやっている25分間だけでもいいので、きちんと集中してテレビの前に座っていられるかどうかをみます。好きなことへの集中すら続かなければ、音楽教室で1つの楽器を習うことなどできません。音楽教室の多くが、対象年齢を3歳、4歳からとしているのは、それ以前では集中力や忍耐力が養われていないためです。テレビ、お絵かき、積み木遊びなど何でも構わないので、20分以上継続して遊べるようになってから、音楽教室への申し込みを考えましょう。

英才教育の教室の授業内容

子供英才教育でおすすめの教室があると聞くと、「いったい、どんな授業をやっているのだろう?」と気になってしまいますよね。英才教育の教室の授業内容は、年齢層によって違います。最近人気が高まってきている、子どもの想像力を伸ばして脳を発達させるための英才教育を例に説明しましょう。
子どもの想像力を高める英才教育の教室は、1歳、または2歳以上を対象にしていることが多いでしょう。2歳児を含む幼児教室の授業内容は、積み木遊び、パズル、ブロック遊びといった知育遊びです。ものを組み立てることで、数学的な素養や空間認識を育てることができます。ごっこ遊びやお絵かきといったシンプルなものを取り入れる教室もありますが、いずれも独自の教材を使い、創造力を最大限に引き出す工夫をしているのが特徴です。
4歳以上になってくると、学習の要素が強い授業内容となります。イラストやキャラクターが豊富に描かれたオリジナルプリントが取り入れられたり、英語のレッスンが始まったりします。「お受験」対策コースを選べば、有名小学校を受験するためのレッスンを特別に行うことになるでしょう。
6歳以上になってくると、暗唱や創作作文、本格的な算数や理科、社会科などが導入されるようになります。小学校に入るころから英才教育を始めるなら、学童保育を兼ねている教室を選ぶのも一つの手です。学童保育は毎日のことですから、英才教育のためのオリジナル教材を使って放課後の勉強を行ったり、英会話を習ったりすれば、驚くほどの効果を実感できることでしょう。

英才教育の問題点

笑顔の子供エリートを育てる英才教育には、問題点も多々あると指摘されています。ちまたでささやかれている英才教育の問題点とは、「1人の時間が長いため、協調性のない子が育つ」「英才教育を受けていない他の子よりもできるため、自尊心が強すぎる子になる」「親が望む子どもを演じようとしてしまう」などなど。これらの評判を考えると、英才教育でおすすめの教室があるといわれても、誰でも入会をためらってしまうのではないでしょうか。
我が子に英才教育を受けさせたいと思ったら、エリートとはどのような人物かを一度考えてみましょう。協調性がなく、ひたすら我が道をひた走っていくようなエリートはあまり評価されません。評価されるのは、個人でも、グループのリーダーとしても成果を出せるエリートです。周囲と円滑なコミュニケーションができ、自尊心がありつつ謙虚さもあり、自分の望む人生を自らが切り開いていく。そんな人が、現代のエリートとしてふさわしいのではないでしょうか。
「自分の子どもを、こんな子に育てたい」という理想像をきちんと膨らませ、その望みが叶えられるような英才教育を、親が自ら選ぶことが重要です。知能面と情緒面をどちらも等しく発達させる、真のエリートとして我が子を鍛え上げてくれるような英才教育を探しましょう。

▲ ページトップへ